なるべくお金をかけない中学受験!中堅以下でも万々歳(*´▽`*)(2019終了&2025予定)

2019年中学受験終了の息子は、SAPIXは小4冬期講習~小6の5月まで→個別指導1か月半のみ。某中高一貫校に合格!中堅以下でも万々歳です(*´▽`*)次は娘が2025年になるべくお金をかけず中堅以下を目指します。

とりあえずしばらくこのシリーズで( ̄▽ ̄)【娘の読書記録】

 

いつもご覧いただきありがとうございます!

 

我が家の娘は小学1年生です。

 

私が読書嫌い(小学校の時に読んだ本の記憶ってゾロリくらいしかなかったりΣ( ̄ロ ̄lll))のボキャ貧ゆえ、娘にはそうなるまいとせっせか本を読んでもらおうと画策中( ̄▽ ̄)

 

息子の低学年のころは、麻布で国語の先生をされている中島克治さんの書かれた読解力をつける魔法の本棚のオススメ図書をせっせか図書館で本を借りたり一緒に読んだりしましたが、もう放牧~(*ノωノ)

 

息子は最近本を全然読んでいない気がするけれど、お高い学費や施設費をお支払いしている学校の図書館を有効活用してくれないでしょうか(TーT)

 

さて、娘が最近読んだ本です。

◆とりあえずしばらくこのシリーズで( ̄▽ ̄)【娘の読書記録】

f:id:furusatonouzei091:20200311011714j:plain



 

さて、娘が読んだ本をご紹介します。

 

 

娘と一緒に図書館に行けるといいんですけれどもね、、、

娘は出不精でなかなか外に出てくれない( ノД`)

さらに、出たら出たでなかなか家に帰らない、、、( ノД`)

 

今回も読解力をつける魔法の本棚に頼って本を借りました^^

 

〇シートンどうぶつ記

魔法の本棚で紹介されていた本です。

有名すぎる本ですよね^^

(と言いつつ、自分は読んだ記憶がない。。。本当に幼いころ本を読まなかったのだなと反省(*ノωノ))

 

◆商品紹介

つよくかしこいオオカミの王ロボ。たくさんのウシをころしてきたロボと、ウシをまもるにんげんとのたたかいがいまはじまる。

※アマゾンより

 

◆商品紹介

ヒツジかいにとってクマはヒツジをくいころすにくらしいてきです。クマをたおそうとしたりょうしとクマ王の、おもいもかけないさいかい。

 ※アマゾンより

 

娘は、動物園によく行きたがるのですが(行きたいという割に、いざ誘うと出不精ででかけてくれなかったりする(TーT))、動物が好きなのか、それともぬいぐるみを買ってほしくていっているのかどっちなんじゃ?という気もしていましたが…

 

他の本は、読んでも本の内容をそんなに話すことはなく、文字を追っているだけなのかな?と心配になったりもしましたが、シートンどうぶつ記は本のあらすじを私に説明してくれたので、ちゃんと頭に入ってるのだな、と安心したのでした^^

 

幼年版なので、小学校低学年のお子さんにわかりやすいように書かれているんでしょうね。

 

字も大きめですし、挿絵もあって小学校低学年のお子さんも楽しめると思います^^

 

シートンどうぶつ記は別の本も読みました(また別記事でアップします^^)

 

いま、家庭学習の音読で新見南吉さんの銀ぎつねを読んでいるのですが、読み始めて、

「あ、シートンにも銀ギツネでてきた、きつねが。。。。」

とシートンどうぶつ記の話を思い出したりもしていました^^

 

ハハは

「音読早く読んでよ、、、」

と思いつつ、自分自身が本について語るということは人生で全然経験がないので、とてもうれしかったです(もう感想がボキャ貧小1レベルですが…( ノД`))

 

 

 

〇父さんギツネ、バンザイ

こちらも魔法の本棚に載っていた本です。

 

息子も小学校低学年の時に読みました(*´▽`*)

 

※関連記事:

shou2.hatenadiary.jp

 

内容は、、、

 

『The Adventures of Peter Rabbit』を彷彿とさせる、農場主とキツネの知恵比べを描いた物語。

 

本書では、農作物を盗むキツネより、いじわるな農場主たちのほうが悪者だ。

 

「ボッギス、ブルース、ビーン…ひとりは太っちょ、ひとりはチビ、そしてもうひとりはやせっぽち…とんでもないペテン師たち…見た目はまったく違うけど、意地の悪さはどっこいどっこい」。

 

農場主としての腕前はさておき、3人の目的はただ1つ

――気高く賢いわれらが英雄、父さんギツネを殺すこと。

 

どっちを応援するかなんて、考えるまでもない。

すりつぶしたアヒルのきもをドーナツに詰め込んで食べるようなブルースとかいう男に誰が味方するだろう?

 

想像できるだろうけど、この物語に出てくる農場主たちのにおいといったら、まるで…まあ、農場主ていうのは独特のにおいがあるものだけど。

 

このロアルド・ダールの冒険物語は、特に3歳から7歳までの子どもたちに読み聞かせに最適。

 

父さんギツネが農場主たちの裏をかいてこらしめる場面を喜んで聞いてくれるはず。

 

かしこい父さんギツネは、農場主たちが地面を掘り起こしても、それ以上に早く地面を掘ってまんまと逃げてしまう。

 

「飢え死にさせてやろう」と農場主に巣穴を包囲されれば、地下にトンネルを掘り、農場主たちが考えもしないような場所から食糧を調達。

 

それはなんと、農場主たちの食糧貯蔵室! そして最後まで逃げ切った父さんギツネは、穴を掘って暮らすほかの動物たちみんなが幸せに生活するためのアイデアを思いつく。

 

ダールは、おなじみの巧みな表現力で、子どものころにきっとどこかにあると信じていた動物たちの世界を呼び起こさせてくれる。

 

(読み聞かせるなら何歳でも。ひとりで読むなら9-12歳児向け)

 

数年前には上記の説明がアマゾンの商品紹介ページに載っていました。

(今回こちらの記事を書くときに見てみたら見当たりませんでした。。。)

 

娘は最初字が小さいとくじけそうになっていましたが、頑張って読んだみたいです(ノー感想( ノД`))

 

私も息子が読んだ時に一緒に読んでみて、内容は忘れてしまったのですが、動きがあって面白い本だなと思った記憶があります^^

 

〇どでかいワニのはなし

◆商品紹介

アフリカで一番大きな、一番こげ茶色の、一番どろんこの川に浮かんでいたどでかいワニが、もう一匹のワニに言った。「今日の昼飯はよ、舌もとろけるニンゲンのガキを食いたいんだ」そうして、陸に這い上がった。隠密作戦と利口な手を考えて…。ロアルド・ダールとクェンティン・ブレイクのコラボレーションが初めて実現した記念すべき作品。

※アマゾンより

 

父さんギツネバンザイと同じ作者、ロアルド・ダールの本です。

腹黒いハハはいつか子どもたちが英語多読をする際に、ロアルド・ダールの本をちょっとでも読んだことがあれば、多読をする際にとっつきやすいかな!?と思ったりしています^^

が、日本語で息子は父さんギツネだけ、娘も父さんギツネとワニだけなので、あまり効果ないかな。。。

 

 

お子さんが進んで図書館で本を借りてきたり、本屋さんに足を運ぶお子さんであれば親御さんが出る幕はないかもしれませんが、あれば読むけど自分で調達までは、、、というお子さんであれば↓の推薦図書を親御さんが借りるなり買ってあげてもよいと思います(*´▽`*)

 

学校休校期間、時間を持て余しそうですので、たくさん読書できるといいなと思います(*´▽`*)

 

本日もご覧いただきありがとうございました!

 

▼無料でもらえるお試し教材!

Z会小学生向けコース。学年別「おためし教材」さしあげます!  

内容ぎっしり!充実したお試し教材が無料でもらえるので、

お試し教材だけでも取り寄せてみてはいかがでしょうか? 

 

齋藤孝先生監修の作文通信教育「ブンブンどりむ」

 書く力をつけるにも、

公立中高一貫校対策にも!

現在、秋の無料キットキャンペーンをやっており、

無料お試し教材に加え、全員にクリアファイルを

新1年生はクリアファイル+ひらがな表をもらえます!!

 

勉強サプリ/今なら1週間お試し無料

 今なら一週間無料で使えます!!

 

月刊教材ポピー

学校で使っているドリルをつくっているさんけん社が作っている通信教育なので、学校での指導、勉強内容と合致しています!

月刊教材ポピー は、学校の勉強が分かり、学校の成績がアップし、勉強に自信を持つきっかけになるかもしれません^^ 

無料お試し教材もらえます!

また有料ですが1か月だけ体験する!ということも可能です。

 

月800円の小中学生用プリント学習。学校の教科書と同じ内容で成績UP!

初回教材が無料になるキャンペーンを開催中! 

 

本日もご覧いただきありがとうございました!

 

ブログ村に参加しています!応援の1クリックお願いします☆
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


中学校受験 ブログランキングへ

Copyright © 2014 私立中学受験事情&我が家の家庭学習事情 All Rights Reserved.
当サイトの内容・画像など無断転載、複製(コピー)はご遠慮ください。

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。