なるべくお金をかけない中学受験!中堅以下でも万々歳(*´▽`*)(2019終了&2025予定)

2019年中学受験終了の息子は、SAPIXは小4冬期講習~小6の5月まで→個別指導1か月半のみ。某中高一貫校に合格!中堅以下でも万々歳です(*´▽`*)次は娘が2025年になるべくお金をかけず中堅以下を目指します。

日本の子どもたちの書く力がアメリカ並みに!?

幼児から高校生まで。Z会の資料請求受付中!

無料資料請求で充実した教材サンプルもらえます(*´▽`*)

 

いつもご覧いただきありがとうございます!

 

ついついコロナ情報ばかり気になる今日この頃ですが、、、

キレイなお花などを飾ってちょっと癒しを(*´▽`*)

 
 

 

さてさて、、、

本題に入りますね♪

 

◆日本の子どもたちの書く力がアメリカ並みに!?

昨日書いた記事

shou2.hatenadiary.jp

と同様、先日の読売新聞の朝刊の「国語力が危ない」という記事について書いてみたいと思います。

 

読売新聞Web版で会員登録をすれば記事そのものが読めるようなのですが、、、

私、会員登録をしていないのと、新聞をもうすでに処分してしまったので、ざっくり書きますね^^;

 

ずばり書いてあったことは、、、

 

”日本の子どもたちの書く力が落ちていて、アメリカの子どもたち並になっている”

 

と。

 

平均をとった時の書く力が同じくらいになるのだそうです(なんかの調査だかランキングだかで。。。)

 

 

私、全然一般常識がありませんで、、、

 

なんでアメリカと一緒じゃダメなの???と思いました。

 

 

それは、アメリカは移民が多いため、家族では英語だけで会話するわけではなくて、英語+別の言語を使って家庭内で話をしている子どもたちが多い。

 

そうすると、英語の書く力というのがつきにくいのだそうです。

 

一方で、日本の子どもたちはおおむね家の中でも日本語のみで話している。

そういう環境であるにもかかわらず、アメリカのように母国語で書く力がつかないような環境ではないのに、同じレベルなのが心配だ。。。ということなんだそうです。

 

 

書く力をつけるための対策も書かれていました。

 

 

文章を書き写すのだそうです(*´▽`*)

 

 

 

それを続けると、目に見えて書く力がアップするんだそうですよ!

 

 

そういえば、息子も小2くらいの時から書き写しをやっていたんですよね。

きっかけは、”小学生のための読解力をつける魔法の本棚”にオススメの勉強法として書かれていたからです。

 

こちらの本は麻布で国語の先生をされていらっしゃる中島克治さんが書かれています。

 

 

息子が特に文章力に秀でているとか、なんかコンクールに選ばれるということはないですし、クラス代表の作文にすらなったことはありませんが、、、

 

とりあえず小学校や中学校の感想文を書くという類の宿題にはそこまで苦労していないように思います^^

 

あれだけ、毎日コツコツ書きうつししていたのに、、、

 

今となっては、、、

 

 

 

間違えた漢字を指摘しても全然直さない( `ー´)ノ

 

 

 

 

 

書くのが遅い(TーT)

 

 

 

 

 

書くのを渋る(TーT)

 

 

 

 

 

とかそんな感じになってしまいましたが…。

 

 

と言っても、たとえ優秀な選ばれるような作文が書けなかったとしても、文章は書けた方がいいに越したことがないので、、、

 

 

 

学校が休校になっている地域のお子さんで、もし時間を持て余しているお子さんがいらっしゃれば、書き写しをやってみてはいかがでしょうか?

 

 

 

によると、まずは教科書の書き写しがよいようです^^

 

我が家の場合は、斉藤孝先生監修のイソップ童話などを書き写したりしていました。

 

 

 

書き写すだけだと指導も何もいらないのですが(新聞記事ではなくて、”小学生のための読解力をつける魔法の本棚”に書かれていた勉強法ですが、まず文章を読んで書き写したり親子で要約をするのが良いとありましたが)、もし、お子さんが書いた文章を添削してもらいたいという親御さんは、ブンブンどりむなども利用してみてはいかがでしょうか?

 

小学生の作文通信教育講座「ブンブンどりむ」
~書く力がついたと実感、約80%~
無料体験キットプレゼント中!

 

▼無料でもらえるお試し教材!

Z会小学生向けコース。学年別「おためし教材」さしあげます!  

内容ぎっしり!充実したお試し教材が無料でもらえるので、

お試し教材だけでも取り寄せてみてはいかがでしょうか? 

 

齋藤孝先生監修の作文通信教育「ブンブンどりむ」

 書く力をつけるにも、

公立中高一貫校対策にも!

現在、秋の無料キットキャンペーンをやっており、

無料お試し教材に加え、全員にクリアファイルを

新1年生はクリアファイル+ひらがな表をもらえます!!

 

 

月刊教材ポピー

学校で使っているドリルをつくっているさんけん社が作っている通信教育なので、学校での指導、勉強内容と合致しています!

月刊教材ポピー は、学校の勉強が分かり、学校の成績がアップし、勉強に自信を持つきっかけになるかもしれません^^ 

無料お試し教材もらえます!

また有料ですが1か月だけ体験する!ということも可能です。

 

月800円の小中学生用プリント学習。学校の教科書と同じ内容で成績UP!

初回教材が無料になるキャンペーンを開催中! 

 

本日もご覧いただきありがとうございました!

 

ブログ村に参加しています!応援の1クリックお願いします☆
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


中学校受験 ブログランキングへ

Copyright © 2014 私立中学受験事情&我が家の家庭学習事情 All Rights Reserved.
当サイトの内容・画像など無断転載、複製(コピー)はご遠慮ください。

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。