なるべくお金をかけない中学受験(サピ通塾は1年半!)2019&2025中学受験と2025&2031大学受験

SAPIXは小4冬期講習~小6の5月まで→個別指導1か月半のみ。四谷大塚偏差値50前半に合格!次は娘が2025中学受験!?

水島醉さん、西村則康さん、松永暢史さんの主張を比べてみる

いつもご覧いただきありがとうございます!

 

中学受験について色々本を読んでみましたが…

 

専門家それぞれの主張がばらばらであるのが面白いですね^^

それぞれのお方で賛同できる考え、う~ん…というのもありまして、それらを比較してみようかとこの記事を書いた次第です。

 

うまく書けるかは自信がないのですが、

よろしればおつきあいくださいね♪

 

以下の3冊をもとにして記事を書いています。

 


 

★進学塾の上のクラスに無理して入るのがいいのか?そこまでしないのが吉なのか?

 進学塾は上位クラスの生徒を対象にしているのであって、その子たちのために教材を作り、

力の入れた授業を展開する。

よって1割のできる生徒が期待されていて

塾側が力をかける生徒、

残り9割がお客さん。

 

これは、進学塾不要論-中学受験は自宅でできるにも中学受験は親が9割 にも書いてありました。

 

それを踏まえ…

進学塾不要論-中学受験は自宅でできるを書かれた水島醉の意見。

→中学受験時に超難関校に合格するような優秀な子どもは、どこの塾に行っても優秀であり、塾のおかげで合格したのではなく、その子素質で合格したのである。

よって、そういった子どもはどんな進学塾に行っても成績を伸ばしていくことができるが、そうでない子どもは進学塾に行くことがかえって害になる。

家でやるべきことをやれば偏差値50程度の学校には合格できる

 

中学受験は親が9割を書かれた西村則康さんの意見

→まず大手進学塾に入るのがベスト。

そのうえで、進学塾は上位クラスに入って目をかけてもらうことが 重要なので、上のクラスに入りやすい小3 2月に進学塾に入塾するのがベストである。

さらに、入塾テストのために、

小学3・4年 国語 自由自在: 基礎からできる有名中学入試準備 (小学3・4年自由自在)

小学3・4年 算数 自由自在: 基礎からできる有名中学入試準備 (小学3・4年自由自在)

を使って入塾テスト対策をして、上位クラスを目指す。

 

 さらには、入る予定のない進学塾でもいくつか入塾テストを受けておいて、試験に慣れておくのが良い。

 

そうでないと、いまどき偏差値50以上の私立中学の合格はおぼつかない。

 

★どっちの意見を支持するか?

う~ん…

正直どっちも極端な気がするんですよね^^;

 

前者の進学塾不要論-中学受験は自宅でできるの学校重視の姿勢も私立中学に合格するためには実際に難しいものがあると思うんですが、

中学受験は親が9割のようにそこまで上位クラスに入るために力を入れるのもどうかと…

 

万が一、

そこまでして小3 2月の時点で、上位クラスに入ったとしても、本当に優秀な子が入ってきたら後からどんどん抜かされていきますよね。

 

中学受験ってシビアなんですが、

できる子できない子というのがどうしても分かれてしまうんですよ。

これは自分自身が体験したことでもあるし、

塾のアルバイトをしたときの経験でも、

中学受験の時点で伸びる子と残念ながらそうでない子がいるんですよね…

 

比較的大学受験の方が、本人の自覚も芽生えるゆえ、努力が報われるように思います。

 

まとめるのが難しいんですが…

西村則康さんがおっしゃっているように、

我が子だけが勉強を頑張っているわけではないので、

そんなに偏差値がぐんと伸びることはないと思うんですよ。

なので、ある程度勉強した状態で、

小4、小5にかけて模試を受け、

それで出てくる偏差値が妥当であり、

その圏内で合格妥当校を見つけるのがいいのではないかと

個人的には思います。

 

それでも過去問と相性がある学校であれば、

偏差値度外視で受けてみればいいと思うし、

我が家は偏差値がどうであろうと浅野は受けることにしているので、

他は絶対安全圏を受けようと。

 

それでも私の兄弟のように偏差値が足りなくても最後の数か月猛勉強して早稲田に入った、

どうしても立教女学院に入りたかった塾が一緒だったお友達、

どうしても早実に入りたかった塾で一緒だった男子、

など、やっぱり小学生でもモチベーションを保てる子、

ラストスパートを自らかけられる早熟な子がいるんですよね。

 

そういう子がやはり中学受験には有利だと思います。

良い悪いではなくて、本当に個人差なんだと思います。

 

そう考えると私個人の考えとしては、水島醉さんの考えほど進学塾に頼らないこともできないし^^;

西村則康さんの考えほど塾で頑張らなくても良いんじゃないかと思います^^;;

 

ブログ村の中学受験カテゴリでも、

個人塾トーマスメインで駒東に合格された

小学5年からの、集団塾に頼らない中学受験のお子さんや、

栄光ゼミナールから開成に合格された

栄光ゼミナールで開成合格!のお子さんもいらっしゃいますし、

もちろん親御さんのフォローが素晴らしくて合格をつかみ取られたのでしょうが、

この方々のブログを拝見すると

絶対に大手進学塾(関東ならSAPIX,四谷大塚日能研早稲田アカデミー)に塾を限定してしまう必要はない気がするんですよね…

 

スミマセン…松永暢史さん さんの意見も織り交ぜようと思ったのですが、長くなってしまったので次の記事で…m(_ _)m


 

 

新4年生からは4月始まりなのでお急ぎください♪Z会小学生向けコース。学年別「おためし教材」さしあげます!

小3からは中学受験コースと中学受験コースではない教材と二通りサンプル教材がもらえるようです^^

 

Z会を検討しているようでしたら、是非取り寄せてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

小学生×国語力=お子さまの未来を変える!
齋藤孝先生監修 国語・作文なら「ブンブンどりむ」

斎藤孝先生監修の作文の通信教育。

サンプル教材を取り寄せましたが、

楽しく作文力が身に付きそうで、良い教材だと思いました。

無料体験キットだけでも取り寄せてみてはいかがでしょうか?

 

無料体験入会受付中! 小学生・中学生の通信教育なら、翌日届く通信添削「e添削」

学校の教科書&進度に合わせてきめ細やかに添削をしてくださるそうです。

中学受験をお考えのご家庭で、まずは学校の中身を完ぺきにしたい!というお子さんに向いていると思います。 

 

本日もご覧いただきありがとうございました!

 

ブログ村に参加しています!応援の1クリックお願いします☆
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村


中学校受験 ブログランキングへ

姉妹サイトもどうぞよろしくお願いします!

東京都神奈川県の私立中学の学費を公開!

⇒当ブログに載せていた、私立中学の学費情報を

 東京都神奈川県の私立中学の学費を公開!

 移行しました!

 ブログタイトル通り、東京都神奈川県内の

 私立中学の学費をアップしていきます♪

 

新婚おさなの食卓⇒ひよこのいる食卓

⇒新婚時代のご飯や息子の幼稚園のお弁当、

 ハンドメイド作品の紹介など

 

親バカ☆ひよこ日記

⇒2006年生まれの息子、2012年生まれの娘の育児

日記

 

小学生とアトピー赤ちゃん、年の差兄妹ログ | 2006年生まれの息子&2012年生まれのアトピー娘と6歳年の差兄弟のいる日常

⇒息子の通う公立小学校の様子と娘のステロイドを使わないアトピー治療について

 

Copyright © 2014 私立中学受験事情&我が家の家庭学習事情 All Rights Reserved.
当サイトの内容・画像など無断転載、複製(コピー)はご遠慮ください。

当サイトは、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによって サイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、 Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。